BusterDog 32 rt + equal 再挑戦

Welcome to Dog Linuxの BusterDogを DebianDog / BusterDogからダウンロード(今回は32bit)。 ●PuppyLinuxを使わずに、USBメモリやSDカードにインストール 極楽はぜ氏のブログ「最新版の BusterDog に Fcitx-Mozc をインストール、日本語化してみました」参照! 通常のLinuxインストールとは違う”フルーガルインストール”(簡単にファイル群をコピー)での解説で分かりやすい。 以下はkanzou的補足説明。 ダウンロードしたisoファイルをUSBメモリ等に焼き付けるには、Etcherなどを使うと便利。 それをパソコンにセット選択して起動メニューの「Always Fresh」でBoot。 「DDog-Installer」がフルーガルインストール用。 今度は、そのインストールしたUSBメモリ等(今回は試しに古い2GBのSDカードで)から起動。 Wi-Fi設定はトレイのネットワークアイコン > Frisbee > Enable WirelessにチェックしてReload > SSID選択 > パスワード > Connect ファームウェア入ってなければExtra squashfs modulesから99-firmware-BusterDog-2019-01-10.squashfsをダウンロードして、liveフォルダ内に置いて、クリックす…

続きを読む

Raspup Buster 8.2.0 その後

●前記事「Raspup Buster 8.2.0 日本語入力とイコライザ」のまとめ Raspup Buster 8.2.0は、Raspberry Piで動かすための、Raspbian 10ベースのPuppyLinuxである。 ダウンロードした圧縮ファイルをEtcherでマイクロSDカード32GBに焼いて、Raspberry Pi 3B+にセットして起動。 自動でそのマイクロSDカードにインストールされる。 pupsaveは通常のPuppyLinux同様、初回再起動時に作ることができる。 起動時のデフォルトを"raspupsave"に固定するには、Menu > Setup > Set Default Boot Option で変更可。 日本語化は、lang_pack_ja-2.1.sfsをロードして、パッケージマネージャから「scim-anthy」「scim-gtk-immodule」「kasumi」をインストールしてXサーバー再起動すれば良い。 WebブラウザはVivaldiが軽快に動く(adblock機能あり)。 サウンド設定でのSound Card Wizard 2は使えない。 シャットダウンでも「restart」になるので、そこで電源断する。 今回はswapが自動生成されないほうのRaspup Buster 8.2.0ファイルを使ったので、他のPuppyLinuxのGPartedで2GBのswapパーティションを作った(…

続きを読む

Raspup Buster 8.2.0 日本語入力とイコライザ

Raspbery Pi ラズパイ用のPuppyLinuxがあったらけっこういいんじゃないかなと思っていたら、ありました!! sakurapup.browserloadofcoolness.com パピーリナックス日本語フォーラム 掲示板トップ > ユーザの話合い > Puplets 「Raspberry pi(Puppi)動かしてみました」 との、きりんさん投稿の3ページ目に「オフィシャルサイトで、Raspberry Pi Buster Raspup が出ています」 と解説しておられます。 ダウンロードはそのオフィシャルサイトに記載されている「See the NEW Raspup Website」のDownload > Mirrors内の aarnet Australia(メインのibiblio USAより速かった)から raspup-8.2.0-831a3e7cc-4gb-ext4nj-swap.img.zip ならawap領域も作成してくれるかもと期待して選択。(→結果512MBのswapパーティションが出来ていた) それをKona Linux 5.0にインストールしたEtcherで、zipファイルからマイクロSDカードに焼きつけた(sudo thunarから実行)。 ●それをRaspbery Pi 3B+にセットして電源ON。 ちょっと時間はかかるが、無事起動成功!デスクトップにおなじみのPuppy…

続きを読む

BusterDogにもrtカーネルを

後日2020年05月02日『BusterDog 32 rt + equal 再挑戦』を投稿しましたので、そちらを参照してください。  近頃巷で話題?のBusterDogをフルインストールして、リアルタイムカーネルも入れてみた。フルーガルインストールではrt化は?のようだ。→できます!コメントで指摘されました。なんのことはない、ちゃんとメニューにありました、、、。  isoをUnetbootinで焼いて、「allways flesh」で起動し、System > DDod-Full-Installerでext4パーティションにインストール。  極楽のハゼさんサイトを参考に日本語化して、linux-image-rt-amd64もインストール。  Grub4DosでもGrub2(KLUE3のGrub-Customizer利用)からでも、rt起動できた(ここがBionicDogとの大きな違い!)  Alsa Equalizerをenableにすると「.asoundrc」が作成されるが、その中身をアレに変更する。alsaequalの調整もメニューのAlsa Equalizerは大まかなのでターミナルからのalsamixer -D equalで高域を下げる。音量調節もターミナルのalsamixer > F6でやる。  Audaciousもインストしてしまった(いつものパターン)。     PaleMoonは最新版と差し替える(個人設定はいつもの使い回しで)。  Sy…

続きを読む

今宵のJAZZは ScPup64で

 ScPup64の「ScPup64-19.09+0-uefi-T.iso」がリリースされたので、近頃は見向きもしていなかったが、Kona5のパーティションに間借りして(自動更新で削除対象にはならなかったのでラッキー)、GrubCustomizerで新規メニューを作ってGRUB2から起動できるようにしてみた。→「Puppy Linux起動用Grub Customizerブートシーケンス」参照してくだされ。  実はFatdog64もお邪魔している(3ファイルに分散必須)。ScPup64はそのファイル内にsaveも言語パックも同居できる。  記事タイトルのJAZZ視聴において、SSD32GBのファンレスパソコン内のKona Linux 5 XfceとnatureOS 4(pulseとalsa兼用)とFatdog64(alsa48000でrtカーネル)とこのScPup64(alsa44100でノーマルカーネル)とで比較試聴してみて、ヴァン・ゲルダーの音を心地よく聞かせてくれたのが、まさかのScPup64だったのだ! (ただしpEqualizerとbuffer 4096使用→「Puppy Linux pEqualizer の使い方(Slacko 5.8.3 or 5.7.1 試して検証)」  ジャズピアノのコロコロ感が気持ちいい♪  ここまではWebブラウザにPaleMoonを使っていたが、Debian10のようにALSAでもFirefox(ESR)が音出しできれ…

続きを読む