FossaDogインストールはフルーガル or フル?

FossaDog Alpfaをインストールしたmicro SDHCカード32GBの、fat32部分にはUEFI-BionicPup64が鎮座しgrub.cfgも従えている。 第2パーティション(ext4)にはFossaDogがフルーガルインストールされており、第3パーティションにはFossaDogがフルインストールされている。 その音質印象は、 BionicPup64はまあまあ今回は置いておくことにして、 ●FossaDogフルーガルインストール版 音楽らしく雰囲気で聞かせるタイプ。ふっくら穏やか。イコライザーでの高音域は軽く落とす程度。聞きやすい。 ●フルインストールgenericカーネル版 硬いく律儀な印象。イコライザー高音は下げ気味で。味付け不足か。 ●フルインストールlowlatencyカーネル版 分解能良く音楽の細部が感じられ立体的でもある。しかも暖色系。イコライザーはgeneric版と同じで。 かと言って、フルインストールlowlatency版が絶対最高というこでもなく、手軽に良い音で音楽を楽しめるフルーガルインストール版も悪くないと思う。 以上kazou的身勝手解釈でした。 ところで、lowlatencyカーネルをインストールした後でgenericカーネルで起動するには、initrd.img.oldとなってそのリンク先本体は隠されてしまうので、普通のリナックスのようにGrubメニュー画面で選択…

続きを読む

FassaDog Alpha full-install

前回の記事では、 Micro SDHCカードにフルーガルインストールしたFassaDogを、 別のext4パーティションにフルインストールしてデスクトップをLxpanelにするとウェブブラウザがコケてしまったり、 それ以前にinitrd.imgが作成されなかったりして、 フルインストールはお預けとなっていた。 (Lxpanelにしたのは、メニューが日本語化されて簡素になってわかりやすいのと、パネルにアプリを置きやすいから) その後も何回か失敗して、 今日、猛暑に耐えつつ、ほとんど自前に設定したフルーガルインストール版を、ダメ元でフルインストールしてみた。 よし!inutrd.imgは作られた!!(しかし、何故出来たり出来なかったりするかは?) UEFI-BionicPup64のgrub.cfgを書き換える。フルインストールの度にUUIDを調べ直さなければならない。。 OK!!OK!起動してきたよ! PaleMoonも起動するじゃない! と調子に乗ってデスクトップ・マネージャで「Pcmanfm + Lxpanel」に変更してしまった。。 その途端にPaleMoonもFirefoxもお陀仏、、、デスクトップをもとに戻してもどれに変えても後の祭り。。 考え直してフルインストールのやり直し。またUUIDが変わる。。 デスクトップはデフォルトの「Tnt2 Panels」なら、実はウェブブラウザは使えたのだ。しかしインストールしたPaleMoon…

続きを読む

FossaDog Alpha

FossaDog (Ubuntu 20.04 'Focal Fossa' LTS) 64 bit (Ubuntu minimal "live") Updated 2020-08-19 FossaDog is a fork of "DebianDog" with the difference that it's Ubuntu based. ということでDog Linuxページにて、BionicDogの後継となるUbuntu 20.04ベースのDog Linuxがリリースされていたので、ニコニコ顔でダウンロードしてUSBメモリにインストールしてみた。 今回もUEFI専用パソコン用なので、そのやり方は前記事『ちょい古だがBionicDog64がマイブーム』内容とほとんど同じになる(自分で読んでも分かりにくいが、、)。 1,UEFIパソコンでFossaDogをフルーガル起動する  (Grub4Dosブートローダーのレガシーパソコンにフルーガルインストールする方法は、他サイトさんのBusterDog,BionicDog記事を参考にどうぞ) USB3.0のフラッシュメモリでも読み書きが遅くなるので、32GBのmicro SDHC I カードをUSBカードリーダーに刺して使用した。 それをPuppyLinux等のGPartedで、 それを先ずBionicPup64がUEFI起動できるようにして(前記事その他を参照)おいて、GPartedで、BionicPu…

続きを読む

ちょい古だがBionicDog64がマイブーム

Dog Linuxの中でも今kanzouがはまっているのが、ジャン!BionicDog64だ。 BionicつまりUbuntu 18.04をベースにして、2018/6にリリースされたこのちょい古のDog系Linux(PuppyLinuxのようでいてaptが使える優れもの)を愛する理由、それはひとえにその音質だ!? 今回はその音質を手に入れるまでの過程を、もう一度始めから振り返ってみた。まあ、大方は以前の投稿『BionicDog インストールメモ』と同内容にはなっているが、、。 *問題はBionicDog64はUEFI起動できないことだ! そのために、UEFI起動できるPuppyLinuxを仕込んだUSBメモリを利用することにした。 ●インストールの概略(Linux環境下に於いて) 1) Dog LinuxウェブサイトのBionicDogページから"Iso 64-bit, all fimware included (e.g. for WiFi): BionicDog64_2018-06-04-firmware_all.iso Size: 415MB"をダウンロード。 2) レガシーパソコンとUEFIパソコンとで、それぞれライブ起動する。  そのためにUEFI-PuppyLinuxも利用する。 3) パソコン本体orUSBメモリorマイクロSDカード等のext4パーティションにフルインストールする。 (UEFIパソコン本体にインストールしたかったのだ…

続きを読む

(BusterDog64での)Audaciousの変はBionicDogか?

オーディオプレーヤーのAudaciousについてはkanzouブログのあちこちで書いているが(一本のブログにまとめそこなっているのでご迷惑をかけます)、たとえば ・Ubuntu編 2018年07月06日 Audaciousの出力設定いろいろ ・Google+の続き 2019年03月11日 PulseAudioシステムでのAudacious出力設定 ・Debian編 2020年06月09日 antiX 19.2 x64-fullのサウンド設定 そして今回はPuppy Linux編での登場となって、さらにややこしくなってしまったが、、、 Audaciousに限らずLinuxのオーディオプレーヤーは、ふと気づくと思ってもいなかった出力の仕方をしていることがあり、それが音質の違いに影響していたりする。 このAudaciousもかなりその点でやっかいな存在だった!(と最近になって判明!?) 出力先がPulseAudioだったりALSAだったりJACKだったり万能なのは素晴らしいが、その分設定が複雑になる。 そこに加えてイコライザーを使っていたりすると、なおさらややこしくなってくる。 **以下の記事はkanzouの見当違いだったため、削除しました、、、。。。 つまり、というか「変」だったのはBionicDog64-fullでのAudaciousの場合で、これだけがシステムデフォルト出力でないと音が出ませんでした。antiX19.2も再確認すると通常のデフォルト状態で…

続きを読む