DpupBuster CE 64 JWMもフルインストールしてみたが

「DpupBuster64 日本語化パッケージ (pet)」を、パピーリナックス日本語フォーラムでthinkpadnerdさんが提供してくださっているので、 petパッケージならフルインストール後でも組み込むことができる!と判断して、 DpupBuster CE 64 JWMをダウンロードした。 JWMにしたのは、PuppyLinuxの多くがJWMなので扱いやすいかと思ってのこと。 まず普通にPuppyLinux用USBメモリにフルーガルインストール(必要ファイルをコピーしてmenuを加える)。 UEFI起動もできるようなので、それようのgrub.cfgにも追記しておいた(ちゃんとUEFI起動できた)。  (PaleMoonは圧縮ファイルをDLして展開) 先ず再起動してsaveフォルダを作って、「dpup64_lang_ja-r2.pet」をインストール。 *fcitx-anthyにする方法は、スナフスナさんのブログ「DpupBuster64 8.0.0 Xfce 文字入力を 」に記載があります。 そしてPC本体のSSDにフルインストールした。 残念ながら、やはり追加変更はフルインストールに含まれなかったが、petパッケージはちゃんとインストールできて簡単に日本語環境にすることができた。 thinkpadnerdさん、ありがとうございます。 Dpup系は以前からかなり変わっているが、、DpupBuster64は先ず64bitである上に、なんとPu…

続きを読む