64bit専用UEFIパソコンで32bitPuppyLinuxを起動する

64bitUbuntu20.04系LinuxがUEFIインストールされたパソコンには、別パーティションを切ってSparkyBonsai64bitが同居している。 そのSparkyBonsaiの「live」フォルダの横に、BusterPup 8.0 (32bit)を並べてみた。 32bit版でもBionicPup64等のEFIを使えば、UEFI専用パソコンでもUSBメモリから起動できることは実証済みだ。 しかしいちいちUSBメモリで起動させるのも手間なので、パソコン本体から起動させたかった。 SparkyBonsai64bitをUEFI起動させるには、家主Linuxの「/etc/grub.d/custom40」ファイルにmenuentryを記入して「sudo update-grub」してgrub.cfgに反映させている。 しかしこの方法では、32bitのBusterPupは起動できなかった!? fat32パーティションの「ESP」の内容を見ていくと、32の文字がない! そこで32の文字付きファイルも含まれていたFossaDogの「EFI」を使ってみることにした。 元々の「EFI」はバックアップして「default」フォルダに収めておいた。 FossaDogの解説どおりにfat32パーティションには「EFI」「boot」「grub.cfg」をコピーしてきて配置した。 grub.cfgの内容は 家主Linuxのメニューは本体のgrub.cfg…

続きを読む

Puppy Linux と Dog Linux の UEFI起動方法(まとめ)

FossaPup64であろうとFossaDog64であろうと、 isoイメージはUEFIブータブルになっているので、 それをEtcherなりUNetbootinなりでUSBに焼いてUEFIパソコンでライブ起動することができる。 一方レガシーBIOSならば、フルーガルインストールという簡単な方法がある。 コピーしてGrub4Dosを走らせれば、それでOK! なので最近はUEFIでのフルーガルインストールを考えていた。。 このブログで何回かその辺を投稿したが、kanzouなりの結論が出た。 やはり便利なPuppyLinuxを使う。 インストール先のUSBメモリ等をパーティショニングする。 先頭にfat32を300MBほど、残りはext4に。fat32には一応bootフラグを。 ●PuppyLinux,例えばFossaPup64の場合 a, 初めてのUEFI-Puppyならば ライブUSBを作り起動して、ユニバーサルインストーラーのUEFIサポートのフルーガルインストーラーで別のUSBメモリにインストール。 それをUEFI起動すれば使えるがfat32なのでsave to folderできない。 そこで更に別のUSBメモリを用意して上記のフォーマットをする(又はUSBメモリ内のフォルダ・ファイルをどこか別の場所に移動しておく)。 新fat32へは「EFI」フォルダを、新ext4へは「grub.cfg」「fossadog64」にまとめたフ…

続きを読む