ちょい古だがBionicDog64がマイブーム

Dog Linuxの中でも今kanzouがはまっているのが、ジャン!BionicDog64だ。 BionicつまりUbuntu 18.04をベースにして、2018/6にリリースされたこのちょい古のDog系Linux(PuppyLinuxのようでいてaptが使える優れもの)を愛する理由、それはひとえにその音質だ!? 今回はその音質を手に入れるまでの過程を、もう一度始めから振り返ってみた。まあ、大方は以前の投稿『BionicDog インストールメモ』と同内容にはなっているが、、。 *問題はBionicDog64はUEFI起動できないことだ! そのために、UEFI起動できるPuppyLinuxを仕込んだUSBメモリを利用することにした。 ●インストールの概略(Linux環境下に於いて) 1) Dog LinuxウェブサイトのBionicDogページから"Iso 64-bit, all fimware included (e.g. for WiFi): BionicDog64_2018-06-04-firmware_all.iso Size: 415MB"をダウンロード。 2) レガシーパソコンとUEFIパソコンとで、それぞれライブ起動する。  そのためにUEFI-PuppyLinuxも利用する。 3) パソコン本体orUSBメモリorマイクロSDカード等のext4パーティションにフルインストールする。 (UEFIパソコン本体にインストールしたかったのだ…

続きを読む

BionicDog インストールメモ

今更だが、、、 BusterDog32のフルーガルインストールでrtカーネル化できたので、BionocDogのフルーガルインストールでもlowlatency化できるかもしれないと思ったが、それは無理だった(カーネル候補が表示されず)。 そこでフルインストールしてlowlatency化してみた。 BusterDogより作成時が古いせいでか、色々あったのでそのメモ。 *より進化したUbuntu2004Dogが、近々リリースされるかもしれないが。 Dog Linux websiteからBionicDogの32bitイメージをダウンロード。 BionicDog32_2018-06-04-firmware_all.iso Size: 405MBや 99-locales-BionicDog-2018-04-21.squashfs(役に立ったかどうか不明)や 99-bionic_linux-firmware.squashfs(役に立つ)もあるのでダウンロードして フルーガルインストールでcasperフォルダ内に格納しておくと、起動時に拾ってくれるらしい。 PuppyLinux専用USBスティックにフォルダを作ってcasperをコピーして、menu.lstを編集してフルーガルインストール。 それを起動しておいて ●HDDやUSBスティック等へフルインストール(4GBは消費するので容量注意、、) インストール先USBスティック等をパソコンにセットし Sys…

続きを読む