64bitのPuppyLinuxを使う

*ここで紹介したWary64は今は亡きものとなっていますが、文末に記したSlacko64やUEIF対応の64bitPuppyも数種類出ていますので試してみてはいかがでしょうか。 「極楽はぜ」さんのブログで、PuppyLinuxにも64bit版があることを知ったのでインストールしてみた。 *パピーのフルーガルインストールに慣れたのでライブCDを焼かない方法に挑戦。 *中古のパナソニックLet's note CF-T7 (Core2Duo U7600 1.2GHz, 1GBメモリ) ではエラーとなってインストールできなかった。→搭載メモリが2GB以上でないと起動できない! *貰い物のヤマダ電機FRONTIER FRS 103/20B (Celeron Dual-Core E1500 2.2GHz, 2GBメモリ) にインストールした記録。 1)Frugalフルーガルインストール(完全にはならなかったが) 「Barry's News Wary64 6.99 live-CD」のページ内「Download from here:」から「warry64-6.99.iso」を、 googleドライブの「Wary64_liveCD_files」の全8ファイルを、PuyppyLinux上で「/mnt/home」以下にダウンロード。  その全てのファイルを、新規作成した「Warry64」などと名前を付けたディレクトリ(ホルダー)にコピーする。 *Warry64はきえました。。。2017…

続きを読む