Bionicpup64 8.0 日本語化版 シンプル をフルインストール

kanzouマイブームになっているPuppyLinuxをフルインストールするシリーズ? 今回は、素早くオフィシャルPuppyに登録された「FossaPup64 9.5」でいこう! と思ったが、このFossaPup64 9.5のユニバーサルインストーラーは勝手が違っていた。 おや?いつもと違うぞ?? 内蔵SSDしか無いぞう!? あらら、、 実は今回のパソコンはストレージがeMMC(組み込み式フラッシュメモリーでSDカードの前身?)なのだ(お安いから)。。 なのでFossaPup64 9.5は諦めて(コメントを頂きました!→できました!)、 パピーリナックス日本語フォーラム・thinkpadnerdさん謹製の「Bionicpup64 8.0 日本語化版 シンプル」をフルインストールしてみることにした。 これなら始めから日本語化はできているので、フルインストール後の設定はそれ以外のアレコレで済むはず。  (背景画像もシンプルに) ちなみに今回使用するモバイルノートパソコンはUEFI起動専用となっているが、起動の仕方はkanzou的に理解している(過去記事でどうぞ)ので大丈夫!? またこのパソコンのディスプレイは光沢画面なので反射がきつくて見づらかったりするので、半透明のクリアファイルを画面に合わせて切って、それをただ画面の縁に引っ掛けるようにして置いている(?)。 さてBionicPup64 simpleでのユニバーサ…

続きを読む

BionicPup64 8.0 の Puppy Updates

 BionicPup64 8.0を起動して、そこからもう一つ別にUEFI起動BionicPup64のUSBメモリを作ろうとして焦った、、「BootFlash install Puppy to USB」項目がないのだ!?  と、そこから始まってアレコレやってみて分かったのは、BionicPup64 8.0は極楽はぜさんが説明してくれているようにアップデートすると内容が少し変わるらしいのだ。いやいやそれがアップデートやろ! 原版before   原版after    しかもこの「Puppy installer」は日本語化されると「Puupyユニバーサルインストーラー」となっていてさらに分かりづらい。。そこから進むとBootFlasu USBインストーラーが現れるが、取り立ててUEFIとは書かれていない。しかしそこからの作業は簡素化自動化されていて改良されている。  仕上がったUSBメモリをGPartedで覗くと、フラグが「boot」の他に「lba」なんてのも立っている?必要なの?  そしてその中身もbeforeとは違っていた。これも簡素化だ。  (上の「bionicpup64」の中身が下になる)  ここで早速GPartedでLinux用ファイルシステムを作り、「bionicpup64」フォルダをそこに移動する(フォルダ化されていて分かりやすい)。  次に「grug.cfg」を書き換えるためにそれを開いてみると、これは逆に複雑化していた!? …

続きを読む