Fatdog64-811 (rt)

近頃は64bitpuppyLinuxをフルインストールしてその音質を楽しんでいたが、またもやの気まぐれであのFatdog64をインストールしてみた。 ibilio.orgのindex of /fatdog/isoを見ると Fatdog64-811.iso 2020-Sep-10 05:05:07 459.0M となっていた。 このisoをPuppy Linuxでマウントして、中身全部をext4パーティションにコピーしてフルーガルインストールする。 Fatdog64はどうもフルインストールする仕組みは持っていないようだ。。 UEFIでのgrub.cfgのmenuentryは menuentry "fatdog64-rt-ext4" { #set root='(hd0,2)' search --no-floppy --fs-uuid --set=root e3b474e2-45fd-46ef-a6dc-fe9e43cff1d3 linux /fatdog64ext4/vmlinuz root=UUID=e3b474e2-45fd-46ef-a6dc-fe9e43cff1d3 rootfstype=ramfs waitdev=3 initrd /fatdog64ext4/initrd } 「set root=」とでも「root=UUID=」でも、どちらでもいけた。 fat32のEFI System Partition(ESP)には、FossaDo…

続きを読む

Fatdog64-802 あのPuppyStudio3.3越えの音質?

*Fatdog64関連の記事を1つにまとめてみました。 日本語化しての使用に関してはZstepさん・極楽はぜさんにお世話になりました(勝手に)。  Webブラウザが3つも並んでいたりと(SeaMonkey以外はインストール候補ですが)さすがFatdogのfatぶりは並ではありません。それでもpupsaveを入れても1GB以下で済みそうなところはPuppyLinuxの派生と言われるゆえんでもありますね。→2GB程いきましたが。。  しかし本当のfatぶりはインストールから始まって、次々と色々と出てくるのでした。ハイお楽しみに。 1、ダウンロード  Fatdog64のダウンロードはFATDOG64ホームページにミラーサイトも載っていますのでどうぞ。その他有用な文章がてんこ盛りらしいので、英語が堪能な方はじっくり読んでみてください(Google翻訳ではちとやりきれませんな)。 2、インストール(フルインストールされたLinuxと、PC本体またはUSBのPuppyLinuxを使います) ・BIOSのレガシーブートでGrub4Dosを使うやり方は  極楽はぜさんがブログに書かれていますので見ていただくとして(うまくいくかな〜?) ・UEFI対応でUSBメモリにインストール場合は、  ダウンロードしたisoをUnetbootinを使って別のUSBメモリに焼いてライブ起動しておいて、  インストールするUSBメモリ(fat32にフォーマットしてboo…

続きを読む