Puppy Linux起動用Grub Customizerブートシーケンス

〜〜〜UEFI専用機にインストールしているLinuxディストリビューションのGrub Customizerを利用してPuppy Linixを起動させるときのブートシーケンスの書き方てメモ〜〜〜 *「エントリーエディタ」の「種類」は「その他」 1,ScPup64等の普通のPuppyの場合(sda3にPuppyファイルなら) set root='(hd0,3)' search --fs-uuid --set=root UUID linux /scpup64/vmlinuz psubdir=scpup64 initrd /scpup64/initrd.gz  UUIDの箇所はsudo blkidなどで調べたUUIDを記入  scpup64ファイルを作らずにファイルばらまきなら「/scpup64」は不要 2,Fatdog64-802の場合(sda3にPuppyファイルなら) set root='(hd0,3)' search --fs-uuid --set=root UUID linux /fatdog64/vmlinuz rootfstype=ramfs waitdev=3 initrd /fatdog64/initrd  UUIDの箇所はsudo blkidなどで調べたUUIDを記入  2行目が1と違う  fatdog64ファイルを作らずにファイルばらまきなら「/datdog64」は不要  initrdはそれのみ  「waitdev=3」…

続きを読む