64bit専用UEFIパソコンで32bitPuppyLinuxを起動する

64bitUbuntu20.04系LinuxがUEFIインストールされたパソコンには、別パーティションを切ってSparkyBonsai64bitが同居している。
gparted.png

そのSparkyBonsaiの「live」フォルダの横に、BusterPup 8.0 (32bit)を並べてみた。
live.png

32bit版でもBionicPup64等のEFIを使えば、UEFI専用パソコンでもUSBメモリから起動できることは実証済みだ。
しかしいちいちUSBメモリで起動させるのも手間なので、パソコン本体から起動させたかった。

SparkyBonsai64bitをUEFI起動させるには、家主Linuxの「/etc/grub.d/custom40」ファイルにmenuentryを記入して「sudo update-grub」してgrub.cfgに反映させている。
しかしこの方法では、32bitのBusterPupは起動できなかった!?

fat32パーティションの「ESP」の内容を見ていくと、32の文字がない!
そこで32の文字付きファイルも含まれていたFossaDogの「EFI」を使ってみることにした。
efi.png

元々の「EFI」はバックアップして「default」フォルダに収めておいた。
FossaDogの解説どおりにfat32パーティションには「EFI」「boot」「grub.cfg」をコピーしてきて配置した。
grub.cfgの内容は
grub.png

家主Linuxのメニューは本体のgrub.cfgからコピーした。
これで家主Linuxは起動するのか〜ヒヤヒヤ〜→→→おお、起動してきた!

で、肝心の32bitBusterPupは起動するのか?
おめでとうございます!! 
こんな訳の分からない滅茶苦茶なやり方でも起動させることができたーーぞーーー!!

なんか「へ〜?」ってことですよね、、UEFIってなんだか分かりませんよね、、
それ以前にLinuxってのもよく分かっていませんけど。。
でもLinux大好きだーーー!!!???

busterpup80.jpg

この記事へのコメント