Raspup Buster 8.2.1になって

Raspup Busterは、2020/07/05にバグ修正されて8.2.1になっていた(ホント?)。

フォーラムトピックはこちら

ダウンロードファイルが3通りもある?

raspup-8.2.1-a60dc46d9-2gb-f2fs.img.zip
raspup-8.2.1-a60dc46d9-2gb-f2fs-swap.img.zip
raspup-8.2.1-a60dc46d9.zip

どれにしようかな、、、f2fsだからといってUSBメモリにインストールするわけではないよな??


1,「raspup-8.2.1-a60dc46d9.zip」をDLして、Etcherでmicro-SDHCに焼いてみた。

「これはブータブルイメージではない!」と怒られる、、?
確かに「img」が付いてない。
解凍してみると、フォルダ1つとファイルがたくさんあった。

「Installation」の説明を見る(英語だから、、)と
「GUI」の項目に、「解凍したファイルを全てfat32へコピーせよ」と書いてあった。

microSDHCカード32GBをパーティショニングする。
先頭にfat32を650MB取り、残りはext4で。
そのfat32へさきのファイル群と1フォルダをコピー。

Rapsberry Pi 4Bへセットして電源ONすれば、おお、Raspup Busterが起動してきた。

フォーマットしてコピーするだけでmicroSDHCカードにインストールできてしまうとは!!


2,「raspup-8.2.1-a60dc46d9-2gb-f2fs.img.zip」もDLしてみた。

これはEtcherでmicroSDHCに焼ける(dd)。
GPartedでパーティションを見ると、512MBのfat32と1.4GBのf2fsができている。
img.zipの中身はfat32のほうにコピーされていた。

それをRapsberry Pi 4Bへセットして電源ONすると、1同様Raspup Busterが起動。
起動後のパーティションは
raspup821_f2fs.jpg
とf2fsが拡大されていた。

f2fsはフラッシュメモリには最適らしいが、ext4でも特に問題なく使えている。。

*PaleMoonがext4のではYouTube操作中に落ちる!f2fsのでは動画が少し乱れるが再生は続く。
メモリはラズパイ4Bの4GBモデルだから充分。


ext4やf2fsはpupsaveをsave to folderにして配置するために使う。
ロードしたいsfsファイルもこちらに置く。つまり「/mnt/home」になっているわけ。

raspup821_x.jpg
 (15インチスクエアモニターにて)


特に8.2.0から変わったところは、、、
LinuxでならDLファイルの中身をコピーするだけでインストールできること。
イコライザ使用でも音割れしなくなったような気もする。だからasound.confはkanzou流のイコライザ&バッファで。
PaleMonnは読み込みは遅いが動作は問題ない。使える。

相変わらずおかしなところは、、、
ブラウザで例えばこのブログを書いていて、コピーを右クリックですると、そのところが消えてしまう危険は健在!?
中クリックで貼り付けたほうが安心。
文字装飾すると、その元文字が消えてしまうとか!?
消えても焦らず中クリック!
あと、、タブ丸ごとポインターにくっついてきて放置したら消えてしまった(で、ブログ書き直し、、)とかも!?
シャットダウンしても「Restart」表示なので電源断も変わらず。。

Set Default Boot Optionするときに、pupmode12へは変更しないようにしている。
つまり、Raspupでは終了時にsaveしないこともできる→ネットサーフィンでのお土産を消し去ることができる、その機能がpupsave12では使えない(フルインストールLinuxと同じ)。
boot option.png

*日本語化やサウンド設定は以前の投稿を参照願います。
http://kanzou2.seesaa.net/article/474523061.html?seesaa_related=category
↑↑コピーやリンク設定がまともにできず、、こうなりました。。ホンマ危ない!?

この記事へのコメント