FossaDog with UEFI support

2020/9/7にアップデートされたFossaDogでは、UEFI起動も可能になったらしいのでダウンロードしてみた。
*2020-09-19最新版がリリースされている!

こちらのページの中頃

(やってみた順に書いていますが、一番最後のやり方が一番簡単でした!)

まずそのisoをEtcherで4GBのUSBメモリに焼いて、UEFI専用パソコンで起動してみる。
OK!起動してきた。

しかしそれをそのまま使い続けるには、保存スペースが作れない。

systemツールの「FossDog Frugal Install」で、別のUSBメモリ8GBにフルーガルインストールしてみた。
しかしUEFI起動にはなっていなかった。。

今度は単純にコピーしてみることにした。
新8GBの方をフォーマットする。
fossadog-gparted-100.jpg
UEFI用のfat32は100MBもあればいいようだ。boot,espのフラグを立てる。

画像の場合のsda2内の「EFI」フォルダをsdb1(fat32)にコピーして、ISOIMAGE(sda1)全部をsdb2(ext4)にコピーした。
fossadog-copy.jpg
「EFI」はsda1のもsda2のも同じものだった。

こんなんでいいんか?と思いつつコピーした新8GBのUSBメモリで起動してみる。
OK、これでsave to folderできる。ただし「grub.cfg」の起動メニューを少し書き換えておく。
fossadog-changes.jpg

保存フォルダ(/changes/casper)を作って再起動したら、あとは以前投稿した記事のように設定を進めていけば良い。

kanzou的に設定した後のデバイス使用量は
fossadog-gparted-after.jpg
こんなものなので、8GBは余裕綽々のサイズだった。
ただしUSB3.0でもI/Oは遅くて、microSDHCカードのほうが良いだろう。
fat32のefiパーティションも、もう少し大きくしておいたほうが良いかもしれない。


●UEFI対応FossaDog.isoを使えば、UEFI-BionicPup64を使わなくても、その一段階の手間は省けて、しかし二段階の手間はかかるが、出来上がったUSBメモリはスッキリしている。このgrub.cfgを使えば、別のDog Linux等もコピーして起動できたりするはず。


●FossaDog.isoをEtcherではなくUNetbootinを使ってUSBメモリに焼けば、そのUSBメモリ一本で保存フォルダも作れてしまうことが分かった!

USBメモリ(今回は4GBで)はfat32にフォーマットしてbootフラグを立てておく。
*Etcherなどでイメージを焼き付けたUSBメモリは、Gpartedでフォーマットしようとしてもエラーするときは、PuppyLinuxのGpartedを使うとできる。
isoをUNetbootinで焼き付ける。
*逆にUNetbootinはPuppyLinux以外のフルインストールLinuxで使う。

そのUSBメモリをGpartedで、fat32をぐっと縮めて、ext4パーティションを多めに作る。
fossadog-fat32-ext4.jpg

root権限のファイラーで、fat32を例えばsdb1とすれば、sdb1の中の「ESP」以外のファイルをすべてsdb2(ext4)に移動する。
(sdb1はガラガラとなってもったいないが、パーティションの移動は面倒なのでそのままにしておく、、)
sdb2に移動する前に、どこかの空き地に保存しておいて、その空きにfat32を縮めてext4を拡大しておいても良いか。

それをUEFI専用パソコンで起動してみると、OK!ちゃんと起動した。
保存フォルダを作る前にgrub.cfgを上記のように書き換えておいて、RESTART > Save to Folderはsdb2/casper/changesにする。

ここまでしか試してないが、おそらく2GBのUSBメモリでも、ダウンロードを制限していけばなんとかそのまま使えるのではないだろうか。


●もっと簡単な方法があった! PuppyLinuxを使えばいいんだ!

USBメモリ4GB以上のをFat32(boot,esp)100MB以上、残りext4にフォーマットしておく。
ダウンロードしたFossaDog,iso(UEFI)をPuppyLinux上でクリックしてマウント表示する。
その中の「EFI」をfat32にコピー、それ以外をext4にコピーする(EFIを含めても問題ない)。

これだけでOK(のはず、、まだ実験してないす、、)!! あとはそれをUEFI起動してセーブフォルダ作って、設定して、使っていくだけ。
*はい、やってみました。OK!OK!!OK!!!でした!!!!
grub.cfgの書き換えをお忘れなく(上記画像)。

この記事へのコメント

  • kanzou

    2020/09/19、更新版がアップされましたよ。
    2020年09月21日 21:32