FossaDogインストールはフルーガル or フル?

fossadog-gparted.jpg

FossaDog Alpfaをインストールしたmicro SDHCカード32GBの、fat32部分にはUEFI-BionicPup64が鎮座しgrub.cfgも従えている。
第2パーティション(ext4)にはFossaDogがフルーガルインストールされており、第3パーティションにはFossaDogがフルインストールされている。

その音質印象は、

BionicPup64はまあまあ今回は置いておくことにして、


●FossaDogフルーガルインストール版

音楽らしく雰囲気で聞かせるタイプ。ふっくら穏やか。イコライザーでの高音域は軽く落とす程度。聞きやすい。


●フルインストールgenericカーネル版

硬いく律儀な印象。イコライザー高音は下げ気味で。味付け不足か。


●フルインストールlowlatencyカーネル版

分解能良く音楽の細部が感じられ立体的でもある。しかも暖色系。イコライザーはgeneric版と同じで。

かと言って、フルインストールlowlatency版が絶対最高というこでもなく、手軽に良い音で音楽を楽しめるフルーガルインストール版も悪くないと思う。


以上kazou的身勝手解釈でした。

ところで、lowlatencyカーネルをインストールした後でgenericカーネルで起動するには、initrd.img.oldとなってそのリンク先本体は隠されてしまうので、普通のリナックスのようにGrubメニュー画面で選択することはできない。。
lowlatency上でgenericを削除して再インストールしても同じこと。
genericをダウングレードしてインストールすると、今度はlowlatencyのinitrd.img本体が隠れてしまう。
/boot/にあるgeneric関連らしきファイルを全部削除してみたら、synapticでのgeneric削除がエラーしてしまった。
「破損パッケージの修復」をやってsynapticを閉じ、ターミナルでlinux-image-genericをインストールすると、
genericとlowlatency双方のカーネルイメージが現れたので、それをgrub.cfgに記入して起動させることができた次第。。

この記事へのコメント