64bit専用UEFIパソコンで32bitPuppyLinuxを起動する

64bitUbuntu20.04系LinuxがUEFIインストールされたパソコンには、別パーティションを切ってSparkyBonsai64bitが同居している。 そのSparkyBonsaiの「live」フォルダの横に、BusterPup 8.0 (32bit)を並べてみた。 32bit版でもBionicPup64等のEFIを使えば、UEFI専用パソコンでもUSBメモリから起動できることは実証済みだ。 しかしいちいちUSBメモリで起動させるのも手間なので、パソコン本体から起動させたかった。 SparkyBonsai64bitをUEFI起動させるには、家主Linuxの「/etc/grub.d/custom40」ファイルにmenuentryを記入して「sudo update-grub」してgrub.cfgに反映させている。 しかしこの方法では、32bitのBusterPupは起動できなかった!? fat32パーティションの「ESP」の内容を見ていくと、32の文字がない! そこで32の文字付きファイルも含まれていたFossaDogの「EFI」を使ってみることにした。 元々の「EFI」はバックアップして「default」フォルダに収めておいた。 FossaDogの解説どおりにfat32パーティションには「EFI」「boot」「grub.cfg」をコピーしてきて配置した。 grub.cfgの内容は 家主Linuxのメニューは本体のgrub.cfg…

続きを読む

Raspup Buster 8.2.1になって

Raspup Busterは、2020/07/05にバグ修正されて8.2.1になっていた(ホント?)。 フォーラムトピックはこちら。 ダウンロードファイルが3通りもある? raspup-8.2.1-a60dc46d9-2gb-f2fs.img.zip raspup-8.2.1-a60dc46d9-2gb-f2fs-swap.img.zip raspup-8.2.1-a60dc46d9.zip どれにしようかな、、、f2fsだからといってUSBメモリにインストールするわけではないよな?? 1,「raspup-8.2.1-a60dc46d9.zip」をDLして、Etcherでmicro-SDHCに焼いてみた。 「これはブータブルイメージではない!」と怒られる、、? 確かに「img」が付いてない。 解凍してみると、フォルダ1つとファイルがたくさんあった。 「Installation」の説明を見る(英語だから、、)と 「GUI」の項目に、「解凍したファイルを全てfat32へコピーせよ」と書いてあった。 microSDHCカード32GBをパーティショニングする。 先頭にfat32を650MB取り、残りはext4で。 そのfat32へさきのファイル群と1フォルダをコピー。 Rapsberry Pi 4Bへセットして電源ONすれば、おお、Raspup Busterが起動してきた。 *フォーマットしてコピーするだけでmicroSDHCカ…

続きを読む

Puppy Linux と Dog Linux の UEFI起動方法(まとめ)

FossaPup64であろうとFossaDog64であろうと、 isoイメージはUEFIブータブルになっているので、 それをEtcherなりUNetbootinなりでUSBに焼いてUEFIパソコンでライブ起動することができる。 一方レガシーBIOSならば、フルーガルインストールという簡単な方法がある。 コピーしてGrub4Dosを走らせれば、それでOK! なので最近はUEFIでのフルーガルインストールを考えていた。。 このブログで何回かその辺を投稿したが、kanzouなりの結論が出た。 やはり便利なPuppyLinuxを使う。 インストール先のUSBメモリ等をパーティショニングする。 先頭にfat32を300MBほど、残りはext4に。fat32には一応bootフラグを。 ●PuppyLinux,例えばFossaPup64の場合 a, 初めてのUEFI-Puppyならば ライブUSBを作り起動して、ユニバーサルインストーラーのUEFIサポートのフルーガルインストーラーで別のUSBメモリにインストール。 それをUEFI起動すれば使えるがfat32なのでsave to folderできない。 そこで更に別のUSBメモリを用意して上記のフォーマットをする(又はUSBメモリ内のフォルダ・ファイルをどこか別の場所に移動しておく)。 新fat32へは「EFI」フォルダを、新ext4へは「grub.cfg」「fossadog64」にまとめたフ…

続きを読む

フルーガルインストールからUEFI起動へ

SparkyBonsaiをUEFI起動にした時は、Grub4Dos関連は加えずにgrub.cfgからのGRUB2起動だけだった。 SparkyBonsaiであれPuppyLinuxであれ、Grub4DosでUSBメモリから起動させているものに手を加えて、UEFIでも起動させることはできないだろうか? kanzouの一つ覚えは「EFI」と「grub.cfg」をコピーしてくること。 FossaDog~~-uefi.isoから持ってきた「EFI」フォルダ構造は、 EFI > boot > 理屈もよく分からずこればかり使っているが、別のUEFI-Linuxでの「EFI」(少しずつ違う)でも利用できるのかは不明。 勉強してないとこれだから、困ったものだ。。 今回使ったPuppyLinuxその他用USBシリコンディスクは この先頭のfat32パーティションにGrub4Dodブートローダーがインストールされている。 そこに上記の「EFI」フォルダと「grub,cfg」をコピーした。 grub.cfgを編集。 menuentry "Start bionicpup6480uefi" { search --no-floppy --fs-uuid --set=root 67717de8-6547-4a8b-bc38-b78a18f95c58 linux /bionicpup6480uefi/vmlinuz root=UUID=67717…

続きを読む

FossaDog with UEFI support

2020/9/7にアップデートされたFossaDogでは、UEFI起動も可能になったらしいのでダウンロードしてみた。 *2020-09-19最新版がリリースされている! →こちらのページの中頃 (やってみた順に書いていますが、一番最後のやり方が一番簡単でした!) まずそのisoをEtcherで4GBのUSBメモリに焼いて、UEFI専用パソコンで起動してみる。 OK!起動してきた。 しかしそれをそのまま使い続けるには、保存スペースが作れない。 systemツールの「FossDog Frugal Install」で、別のUSBメモリ8GBにフルーガルインストールしてみた。 しかしUEFI起動にはなっていなかった。。 今度は単純にコピーしてみることにした。 新8GBの方をフォーマットする。 UEFI用のfat32は100MBもあればいいようだ。boot,espのフラグを立てる。 画像の場合のsda2内の「EFI」フォルダをsdb1(fat32)にコピーして、ISOIMAGE(sda1)全部をsdb2(ext4)にコピーした。 「EFI」はsda1のもsda2のも同じものだった。 こんなんでいいんか?と思いつつコピーした新8GBのUSBメモリで起動してみる。 OK、これでsave to folderできる。ただし「grub.cfg」の起動メニューを少し書き換えておく。 保存フォルダ(/changes/casper)を作って再起動し…

続きを読む