(BusterDog64での)Audaciousの変はBionicDogか?

オーディオプレーヤーのAudaciousについてはkanzouブログのあちこちで書いているが(一本のブログにまとめそこなっているのでご迷惑をかけます)、たとえば ・Ubuntu編 2018年07月06日 Audaciousの出力設定いろいろ ・Google+の続き 2019年03月11日 PulseAudioシステムでのAudacious出力設定 ・Debian編 2020年06月09日 antiX 19.2 x64-fullのサウンド設定 そして今回はPuppy Linux編での登場となって、さらにややこしくなってしまったが、、、 Audaciousに限らずLinuxのオーディオプレーヤーは、ふと気づくと思ってもいなかった出力の仕方をしていることがあり、それが音質の違いに影響していたりする。 このAudaciousもかなりその点でやっかいな存在だった!(と最近になって判明!?) 出力先がPulseAudioだったりALSAだったりJACKだったり万能なのは素晴らしいが、その分設定が複雑になる。 そこに加えてイコライザーを使っていたりすると、なおさらややこしくなってくる。 **以下の記事はkanzouの見当違いだったため、削除しました、、、。。。 つまり、というか「変」だったのはBionicDog64-fullでのAudaciousの場合で、これだけがシステムデフォルト出力でないと音が出ませんでした。antiX19.2も再確認すると通常のデフォルト状態で…

続きを読む

BusterDog64 flugal or full install ?

Ubuntu系のBionicDog64をlowlatency化するには、フルインストールする必要がある。 しかしBusterDog64では、フルーガルインストールでrtカーネルが導入できてしまう。 ではBusterDog64をフルインストールした場合、その音質はフルーガルインストールと違いがあるのか? antiX 19.2 x64をフルインストールしてある32GBのマイクロSDカード(Konapiのおかげで所有できました、、)のパーティションを2つに分ける(ともにext4)。 BusterDog64のフルーガルインストール用「live」フォルダをantiXと同居させる。 空のパーティションにはBusterDog64をフルインストールする。   (antiXをおまかせインストールするとfat32のefiパーティションは何故か最後尾に作られるが問題ないみたい) 「live」フォルダは、PC本体の中にフルーガルインストールしてrtカーネル+サウンド設定したBusterDog64の「live」をそのまま「changes」等すべて含めてコピー&ペーストした(ほんの一部エラーあり、、)。 フルインストールもその本体PC内BusterDog64のメニュー「DDog-Full-Installer」で実行。 そしてマイクロSDカードのgrub.cfgのmenuentryを とした。(↓一応テキスト表示も) menuentry " a…

続きを読む

Slacko64 on fat32 の音

Slacko64は、2017年のpuppy-slacko-7.0/内のslacko64-6.9.9.9-uefi-k4.9-FF-LO.iso等までで開発は終わっているようだ。 その代わりにScPup64が元気にリリースされている。 一つ前の投稿と同じような内容になってしまうが、その二つをUEFI起動専用パソコンで使えるようにUSBメモリにインストールしてみた。 パソコン本体内にではなく外部ストレージにしたのは、パソコンのeMMCストレージの容量が少なかったのと、ファイルシステムをfat32にしたかったからだ。 以前、Linuxをext2ファイルシステムにインストールしたほうがkanzou的に音が良いと思っていた時期があったが、fat32も案外穏やかな音質になるのではないかと思い始めている(前記事でもそんな感じに)。 実際セットアップメニューの「UEFI Installer - Flash Drives」でUSBメモリにインストールしたBionicPup64は、fat32上で耳あたり良く音を聞かせてくれている? 64bitPuppyの音を初めて聞いたのは2011年のWarry64で、その時の驚きはかなりのエキサイトものだった? その後Slackoにも64bitが登場し、デスクトップの衝撃的な色・デザインは秀逸で、音質はしかし豊かな暖色系だった? だからそのSlacko64-6.9.9.9-uefi-k4.9を先ずUEFI Installer - Flash Dr…

続きを読む