今宵のJAZZは ScPup64で

 ScPup64の「ScPup64-19.09+0-uefi-T.iso」がリリースされたので、近頃は見向きもしていなかったが、Kona5のパーティションに間借りして(自動更新で削除対象にはならなかったのでラッキー)、GrubCustomizerで新規メニューを作ってGRUB2から起動できるようにしてみた。→「Puppy Linux起動用Grub Customizerブートシーケンス」参照してくだされ。  実はFatdog64もお邪魔している(3ファイルに分散必須)。ScPup64はそのファイル内にsaveも言語パックも同居できる。  記事タイトルのJAZZ視聴において、SSD32GBのファンレスパソコン内のKona Linux 5 XfceとnatureOS 4(pulseとalsa兼用)とFatdog64(alsa48000でrtカーネル)とこのScPup64(alsa44100でノーマルカーネル)とで比較試聴してみて、ヴァン・ゲルダーの音を心地よく聞かせてくれたのが、まさかのScPup64だったのだ! (ただしpEqualizerとbuffer 4096使用→「Puppy Linux pEqualizer の使い方(Slacko 5.8.3 or 5.7.1 試して検証)」  ジャズピアノのコロコロ感が気持ちいい♪  ここまではWebブラウザにPaleMoonを使っていたが、Debian10のようにALSAでもFirefox(ESR)が音出しできれ…

続きを読む