Puppy Linux起動用Grub Customizerブートシーケンス

〜〜〜UEFI専用機にインストールしているLinuxディストリビューションのGrub Customizerを利用してPuppy Linixを起動させるときのブートシーケンスの書き方てメモ〜〜〜 *「エントリーエディタ」の「種類」は「その他」 1,ScPup64等の普通のPuppyの場合(sda3にPuppyファイルなら) set root='(hd0,3)' search --fs-uuid --set=root UUID linux /scpup64/vmlinuz psubdir=scpup64 initrd /scpup64/initrd.gz  UUIDの箇所はsudo blkidなどで調べたUUIDを記入  scpup64ファイルを作らずにファイルばらまきなら「/scpup64」は不要 2,Fatdog64-802の場合(sda3にPuppyファイルなら) set root='(hd0,3)' search --fs-uuid --set=root UUID linux /fatdog64/vmlinuz rootfstype=ramfs waitdev=3 initrd /fatdog64/initrd  UUIDの箇所はsudo blkidなどで調べたUUIDを記入  2行目が1と違う  fatdog64ファイルを作らずにファイルばらまきなら「/datdog64」は不要  initrdはそれのみ  「waitdev=3」…

続きを読む

Puppy Linux pEqualizer の使い方

その前に、32bitパピーでlang_pack_ja-2.1.sfsをロードして「国と言語の設定」をやって日本語化しているなら、そこに更に「mozc_tazpup_5.0.sfs」をロードすると、文字入力時に半角/全角キーでSCIMを出せばAnthyかmozcかを選択できるようになるかもしれませんよ。 さてサウンド設定だが、新項目の「Sound Card Wizard 2」があっても機能しない場合がある。 どうすれば良いのか? 1、サウンド設定で出力先サウンドカードをUSB-DAC等に選択すると「/etc/asound.conf」が作られ defaults.pcm.card 1 defaults.pcm.device 0 defaults.ctl.card 1 等と記入される。 2、メニューのマルチメディアのpEqualizerを起動する(実はこれ、ターミナルで「alsamixer -D equal」と打って出現するイコライザの代替品)と、今度は「/~.asoundrc」が作られ ctl.equal { type equal; } pcm.plugequal { type equal; # Modify the line below if you don't # want to use sound card 0. #slave.pcm "plughw:0,0"; # or if you …

続きを読む

BusterPup 8.0 CEのSound Card Wizard 2 の場合は

Debian 10 Buster系のBusterPup 8.0 CEでの「Sound Card Wizard 2」を設定してみた。 この画像を見て気がつくかもしれないが、この設定作法はFatdog64-802のサウンドカード設定の流れと全く同じになっている。 だからプラグイン設定でEqualizerとForce 44.1KHzを追加すれば、「/etc/asound.conf」にその指示が書き込まれるようになっている。 pcm.!default fdplug ctl.!default { type hw card 1 } pcm.fdplug plug:fdequal pcm.fdequal { type equal slave.pcm plug:fdasym } ctl.equal { type equal } pcm.fdasym { type asym playback.pcm { @func getenv vars [ ALSA_PCMOUT ] default "fddmix" } capture.pcm { @func getenv vars [ ALSA_PCMIN ] default "fdhw" } } pcm.fddmix { type dmix ipc_key 6178354 ipc_gid audio ipc_perm 0660 …

続きを読む