64bitUEFI専用PCにPuppyLinuxをインストール

 始めに白状しておくと、これからの記事はまるっきり「極楽はぜ」さんからのパクリ(ペコリ、毎度お世話になります)のようなものなので悪しからず。。  最近のUEFI対応64bitPuppyLinux各種は、それをレガシーブートPCに一旦フルーガルインストールしてGrub4Dosで起動するか、またはUnetbootinでライブUSB化して起動するかしておいてから、「UEFI Installer」や「BootFlash PuppyをUSBメモリにインストールする」でUEFI起動可能なUSBパピーを作成すればUEFI専用PCでも使えることは別記事で紹介した。  PC本体を汚さないUSBメモリでの運用ならそれでいいが、もうWindowsも入っていないようなPCではいちいちUSBメモリを差すのも面倒だ。なんとか本体内にインストールできないものか。そう思っていたときに飛び込んできたのが極楽はぜさんのGrub Customizer情報だった。  実は音楽用に使っているKLUE 3.0系ディストリビューションには、なんとそのGrub Customizerが既存していた! ならばこれを使って実験してみるしかない。今回はLIVAZ-4/32(N3350) OSなしで18,000円ほどのプアパソコン(eMMC→SSD32GB)に単独インストールしているKLUE 3.0 GNOME 64bitを使って、そこにBionicPup64とScPup64の各最新版をインストールしてUEFIで起動できたらいいな!を企む。…

続きを読む