PuppyLinuxをUEFI専用パソコンで使いたい!(PaleMoonも)

 「パソコンでOSを起動する前にハードウェアを制御するプログラム(ファームウェア)が、BIOSさんからUEFIくんに切り替わってきている」と言われても何のことやらですが、リナックスを触っていると、USB起動をするためにBIOSの設定を変えるとかいろいろ出てきて、F2やF12やDelやEscや、何かキーを連打して表示するアレのことで、ソレがパソコンの性能進化に合わせて変化しているというわけで、素人身にはややこしい限りです。  そのUEFIも始めのうちはBIOS起動系リナックスにも対応するレガシーモードを備えていましたが、Windows10になってからはUEFI専用になりつつある傾向です(実は詳しく知らない、、)。というか、kanzou君が買ってしまった海外製格安モバイルパソコンがUEFI専用だった!わけでして、そりゃあ当初困りましたよ、インストールしたかったフェイバリットLinuxが使えない、、、低性能CPUでファンレスでSSDより早そうなeMMC(ほんとは消費電力は少ないが速度は遅い・でも早い?)なら音も良さそうだと思ったのに、え?64bitの最新Linuxしか使えない? ってそんなばかな!?  でももちろん捨てないで、近頃ではUbuntu 18.04 64bit をminimalインストールして無理やり音出ししたり、KLUE 3.0の変態ぶりを楽しんだりしていますが、PuppyLinuxだけは、海外サイトに載っていたやり方を試してみても起動できなくて諦めていました。  ところがところが、…

続きを読む