初めてUSBメモリPuppyを作るには

 Puppy Linuxのパソコンへのインストールは簡単、コピペでチョイ! なんて言われても困るしイラつく。ライブCD焼いて起動、なんてのも古くさい。とりあえず試してみるには、今時USBメモリでしょ。・・ということでkanzou君、初心に戻ってやってみましたよ。ターゲットはこれ << Puppy_Linux_Stretch-7.0.0a2 >>   (2017/10/7付 redky版デスクトップ17inchスクウェア)   (2017/11/10付 k.4.9.61版デスクトップ15.6型ワイド)  Linuxというものに興味を持ち、お手軽そうなのを探してPuppyを選んでも、その最新の日本語版がPrecise 571ではちょっと古くない?しかも消えたはずの旧Operaが標準Webブラウザだなんて。。どのみちpuppy Linuxの日本語フォーラム見ても訳が分からないし、いっそのこと一番新らしそうなDebian9 Stretch対応のヤツを試してみようかな(一応Windows使いとして)。 1、USBメモリの用意とisoダウンロード  USBメモリは8GB〜16GBもあれば何種類ものPuppyがインストールできちゃいます(とりあえずの試用なら2GBでOK)。WindowsなのでFAT16・32でフォーマットされているということになります。  Puppy_Linux_Stretch-7.0.0a2 はhttps://archive.org…

続きを読む