Slacko64 サウンド設定

最近のPuppyLinuxの「パピーの設定」>「サウンド・ウィザード」には「サウンドカードウィザード」と「サウンドカードウィザード2」とが用意されていることが多い。 「サウンドカードウィザード2」はFatdog64装備のサウンド設定機能だが、これが使えるようになっているPuppyは少ないようだ。使えてもややこしいが。。 Slacko64でも「サウンドカードウィザード2」は使えず、「サウンド・ウィザード」では音声出力カード選択と音量設定ができるようになっている。 サウンドカードを「card2 DAC [USB audio DAC]...」に設定すると、/etc/asound.confが作られデフォルトカード設定が書き込まれる。 これでUSB接続のDAC等経由で外部スピーカーから音出しできるようになる。 この設定でFirefoxのYouTube音楽を再生するとALSA規程の48000Hz出力になり、ふくよかで聞きやすいといえば聞きやすい。 しかしこの設定でPmusicオーディオプレーヤーでCDを再生すると、Pmusicの内部設定で44100Hz出力となる(aplay -D hw:2,0)。つまり44100Hz,16bitのCD規格での再生だ。 kanzouとしては音質的に高域を下げたい。となると「マルチメディア」>「pEqualizer」を起動して右から「62,62,64,65」などとして「my」で新規保存する。これは/~/.pequalozer/preset/に保存…

続きを読む

32bit PuppyLinux SeaMonkey Xfce PulseAudio

表題のような目も当てられないような混沌としたPuppyLinuxが「QuickPup」というものだ。 日本語かはシノバーさんの「lang_pack_ja-2.1.sfs」でできるが、メニューの中のセッティングから指定したほうがいいかも? SeaMonkeyでYouTube再生するのに悩まされるのが、広告ブロックの設定だ。 uBlockもAdblockもアドオンできない。 と思っていたら情報があった。 FreeBSDサイトのIndex of /distfiles/xpiページのadblock plus-2.9.1か3.0.4をインストールすれば良かった! ブックマークはFireFoxからHTMLをインポートした。 サウンドサーバーはPulseAudioなので特に設定は要らない。 スピーカーアイコンから「Audio Mixer(PulseAudio音量調節)」を呼び出して確認もできる。 出力周波数は48000Hzだ。 ChromiumなどChrome系ブラウザをインストールすれば44100Hz再生になるかもしれないが? 音質的には、PulseAudioのふくよかさを持った聞きやすい音だ。 64bitより締まった32bitの再生音がコラボして軽快さを失ってはいない。 Xfceデスクトップ版のLinuxの音質は、高低域が伸びて美しい傾向にある?が、、PuppyLinuxでの採用でその傾向は発揮されているのか・いないのか? メニューとし…

続きを読む

DebianDog Sid のサウンド設定

低レイテンシーカーネルの呪縛から逃れてもALSA呪縛からは逃れられないkanzouが次に手を伸ばしたのは、DebianDog Sidだった。 その前にFossaDogを再インストールしてみたのだが、update,upgradeするとXサーバー行方不明で起動できなくなる時の流れ!? でSidになった。 Dog LinuxサイトのDebianDog Sidのページから ・Full, 64-bit DebianDog-Sid-full-20201125-overlay_amd64-UEFI.iso と ・Firmware (mostly for wifi): Firmware squashfs をダウンロード。 PuppyLinux使用でダウンロードしたisoをマウントして内容を表示。 今回はUEFI対応フルーガルインストールなので、使うのは「EFI」と「live」と「grub.cfg」。 USBアダプターに挿したmicroSDHCにfat32とext4のパーティションを切って、 fat32へ「EFI」、ext4に作成した「debiandogsid」フォルダー内に「live」をコピー。 「live」の中に、ダウンロードしたFirmware squashfs=「99-firmware-sid.squashfs」を配置。 (「debiandogsid」フォルダーを作ったのは、あとでフルーガルインストール予定のPuppylinuxと判別しやすくするため)  sdb2が…

続きを読む

初めてのUSB-PuppyがSlacko64 7.0として

Slacko64がようやっと7.0になったようなのでインストールしてみた。 しかも今回はPuppyLinux初心者として(Linux初心者には戻れていないかもしれないが)、Windows10でライブUSBを作るところから始めてみたが、、 リナックスディストリビューションSlackwareの最新安定版14.2を元にしたPuppyLinuxであるSlacko64 7.0のダウンロードと日本語化については、「パピーリナックス日本語フォーラム」の「Slacko64 7.0 日本語化パッケージ (pet)」(by thinkpadnerdさん)を参照させてもらった。 1、ダウンロードとインストール 参照ページから本家スレッドをたどり64bitダウンロードサイトに行き「slacko64-7.0.iso」をダウンロードする。 OSのISOイメージファイルからブータブルUSBを作成するWindowsソフトの「Rufus」を用意する(解説たくさんあり)。 Windows10上でRufusを使い、Slacko64 7.0のブータブルUSB(今回は4GB)を作ってみた。 USBメモリは、fat32ファイルシステムにフォーマットしておく(You can 調べる)。 パソコンのBIOS設定でUSBメモリから起動できるようにしておいて、Slacko64 7.0ライブUSBを起動する。 通常起動メニューの一番上のままでOK。 画像のように時間待ちがあるが、ちゃんと起動…

続きを読む

Fatdog64-811 (rt)

近頃は64bitpuppyLinuxをフルインストールしてその音質を楽しんでいたが、またもやの気まぐれであのFatdog64をインストールしてみた。 ibilio.orgのindex of /fatdog/isoを見ると Fatdog64-811.iso 2020-Sep-10 05:05:07 459.0M となっていた。 このisoをPuppy Linuxでマウントして、中身全部をext4パーティションにコピーしてフルーガルインストールする。 Fatdog64はどうもフルインストールする仕組みは持っていないようだ。。 UEFIでのgrub.cfgのmenuentryは menuentry "fatdog64-rt-ext4" { #set root='(hd0,2)' search --no-floppy --fs-uuid --set=root e3b474e2-45fd-46ef-a6dc-fe9e43cff1d3 linux /fatdog64ext4/vmlinuz root=UUID=e3b474e2-45fd-46ef-a6dc-fe9e43cff1d3 rootfstype=ramfs waitdev=3 initrd /fatdog64ext4/initrd } 「set root=」とでも「root=UUID=」でも、どちらでもいけた。 fat32のEFI System Partition(ESP)には、FossaDo…

続きを読む